福岡の注文住宅相場について

福岡注文住宅相場について

家を新しく買いたい方で、分譲住宅のできあがりではなく、自分の好みのプランで、好きなキッチンやインテリアにしたい!という方は注文住宅になりますが、やはり気になる一番のポイントがおカネになります。ここでは注文住宅のおおよその相場のイメージを掴んでいただければと思います。

福岡の注文住宅の相場

注文住宅では、各会社によって様々な表記の仕方があり、一概に会社ごとでの比較は難しいですが、色々な視点から相場をみていきましょう。

福岡の注文住宅の価格についての基礎のお話し

各会社で、総額表示や坪単価表示があったり、建物に掛かる費用だけでも複雑であり、また建物以外に掛かってくる費用があることも忘れてはいけません。

まずは建物に掛かる費用

①建物本体価格(構造躯体や屋根、外壁、内装などの目に見える住宅本体)

②付帯工事費用(上下水道やガス、電気などのインフラ設備の引き込み工事など)

③諸手続き費用(登記費用、住宅ローン手数料、火災保険費用など)

大きくはこの3点に分けることができます。

坪単価や建物価格という言い方は、「建物本体価格」だけの場合が多いです。

この建物本体価格についての相場がこちらになります。

福岡の「建物本体価格」相場

一番気になるポイントの建物本体価格の相場です。

大手住宅会社や、地域の工務店・住宅会社で大きく費用が変わってきます。

地域の工務店・住宅会社:坪40万円前後~

大手住宅会社:坪60万円前後~

上記のように、総合住宅展示場に出展している、全国規模の大手住宅会社はやはり金額的には、地域の工務店や住宅会社に比べると高額になる場合が多いです。

ただし地域の住宅会社であっても、こだわりが非常に強い会社や、設計事務所が入って意匠設計(間取りや外観、内装の設計)をしっかり行ってくれる場合は、これ以上の金額になる場合もあります。

そして上記の通り、この建物本体価格だけでなく、様々な費用がかかってくることになりますが、おおよそ総額に占める建物本体価格は平均的に約70%~75%になる場合が多いです。

福岡の「建物本体価格」以外の相場

こちらについては、「付帯工事費用」は条件によって大きく変わってきます。

付帯工事に関わる費用としては、

①屋外工事(水道・下水または浄化槽・電気の引き込み)

こちらは土地の場所や形状、建てる建物の位置や間取りによって変わってきます。土地を探す上でも、しっかり区画分けされた分譲地の場合は、既に土地の中まで水道が引き込んであったりする場合は、比較的安く済みますし、反対に水道管が通っている道から離れた土地などは、引き込みで追加費用が掛かったりする場合もあり、土地選び際には気を付けたい点です。

そして、土地内に引き込んだ水道管と、建物をつなぐ工事もかかってきますが、一括で見積が出る場合と、わけてくれる場合があります。

相場:約200万円前後~

②地盤改良工事

家だけが地震に強くても、土地自体が緩く土地ごと家が傾いてはいけないため、地盤(土地)を固める工事が場合によって発生します。こちらについては、地域でこの改良工事が必要になりやすい地域と、必要ない場合が多い地域と地域差はありますが、一概に調査をしていないとわかりません。

相場:約50万円前後~

③解体費用(既存建物がある場合)

既存建物があり、建て替える場合については解体費用が発生します。

相場:坪4万円前後~(木造)、坪6万円~(鉄骨)

※既存建物の坪数

④外構工事費用

新築した後に、玄関までのアプローチやカーポート等、新築の家が見栄えする工事として外構工事がありますが、こちらは建物本体には含まれないので、別途という形になります。

⑤特殊な空調や電気工事、地下室や地下カーポートの基礎工事の特殊費用

なにか特殊な全館空調を導入したりする場合や、駐車場を地下に作る等の超高級住宅の場合は、こういった費用がかかってきますが、一般的な住宅の場合は不要です。

諸費用の相場

こちらは場合により、かなり変動をしますが下記で相場としては約100万円~数百万円になります。

・登記にまつわる費用

・住宅ローン諸費用

・火災保険・地震保険等の保険費用

・上棟式・地鎮祭の費用

・引越しや仮住まいの費用

等、条件によって変動する諸費用があることも覚えておきましょう。

公的機関(国土交通省)の調査

住宅にまつわる公的機関は、国土交通省と経済産業省が大きく関わっていますが、その国土交通省から出展されている調査結果より、大よその相場を参考としてみることもできます。

注文住宅購入者層2500世帯へ、訪問調査と郵送での調査やアンケートを元に行った結果となっています(国土交通省の平成30年の調査)

・購入資金

①土地を購入した注文住宅新築世帯:3,971万円(平均)

②建て替えせの注文住宅世帯:3,491万円(平均)

・延べ床面積

①土地を購入した注文住宅新築世帯:118.5㎡(平均)…約35.8坪

②建て替えせの注文住宅世帯:145.2㎡(平均)…43.9坪

各々、注文住宅と言っても土地から購入する新築の場合と、建て替えの場合では様相が異なってくることが調査内容からもわかります。

単純に購入資金から、延べ床面積を割り算してみると、最終的な坪単価としては土地付き新築住宅は約110万円(土地を含む)、建て替え注文住宅は約79万円となります。

土地を含まない建て替えの注文住宅の約79万円が建物本体に関わる費用の相場として見ても良いのでないでしょうか。

ただし、上記調査は三大都市圏を含む全国調査の為、土地を含めて高額になる傾向があります。

まとめ

相場や、注文住宅を建てるのにあたりどういったお金がかかってくるか、各々の相場感は掴んでいただくことができましたでしょうか。建築される住宅会社や、場所や建てる土地の状態によっても大きく変わってきますので、上記金額はあくまで相場としての金額の為、気になる方は住宅会社に見積や相談をしてみた方が良いかと思います。

関連記事

注文住宅を購入するときは、適正価格を知りたいと思うのが当然ですね。 間取りや設備などを自分で好きなようにできる注文住宅は、予算に合わせてどこにお金をかけるかも自分で考えることができます。 ですが、その分「自分の予算内でどこまで満[…]

IMG