福岡で注文住宅をお願いする際の価格は?相場を知ることは大切、騙されない注文住宅づくり

注文住宅を購入するときは、適正価格を知りたいと思うのが当然ですね。

間取りや設備などを自分で好きなようにできる注文住宅は、予算に合わせてどこにお金をかけるかも自分で考えることができます。

ですが、その分「自分の予算内でどこまで満足のいく家が建てられるのだろう……??」

「設備やインテリアのグレードはどの程度がいいのだろう……?」という悩みが発生します。

そんな注文住宅の価格に関する悩みを解決していきましょう。

注文住宅を建てる時にかかる費用

注文住宅を建てる時にかかるお金は「土地の購入費用」と「家の建築費用」の2種類が必要です。

そのため、注文住宅にかけるお金には「土地購入にいくら使うのか」「建物にいくら使うのか」を事前に決めておくことが必要です。

土地の購入に必要な費用

土地の購入に必要なお金の内訳としては、手付金(物件価格の5%~10%)、購入物件の残代金(物件価格-手付金-住宅ローン借入金)、購入諸費用(印紙税・仲介手数料の半金)となります。土地の条件や建築工事のスケジュール、住宅ローンの借り方によってはこれより多く必要になることもあります。ただし、すでに所有している土地に注文住宅を建てる場合、これらの費用は不要です。

家の建築時に必要な費用

次に、家の建築時に必要なお金の内訳としては、工事契約時に工事契約金・建築確認申請費、着工時に着工金・地鎮祭費用、上棟時に中間金・上棟式費用、引き渡し前には建築費の残代金・建物の登記費用(不動産登記・抵当権設定登記時に必要な登録免許税など)などです。一般的には、大手ハウスメーカー、中小建築会社、街の工務店の順に費用が抑えられる傾向があります。また、人気の建築設計事務所に依頼する場合も、費用が高めになることがあります。

そして、これら以外に引き渡しまでに支払う費用としては、ローン借入費用(事務手数料・保証料・火災保険料など)、これに加えて税金などの清算金もかかります。

注文住宅の建築費用の相場

ここまで読んで「なんだか大変そう」と思う方も多くいらっしゃると思いますが、ここからは建築費予算からどんな家を建てられるかという夢のあるお話に移りたいと思います。

ちなみに、注文住宅にかかる費用の相場は3000万円くらいと言われています。

それでは、予算別に見ていきましょう。

1000万円台は無駄を省いてシンプルな家

1000万円台の場合は、予算としては相場よりかなり安いと言えます。そのため、無駄を省いて、極限までシンプルな一戸建てを建てるイメージです。

建物の形状は、真上から見て長方形や正方形の形になります。これは特殊な形状をした設計にすると、外壁の面積が増えて材料費がかかり、予算をオーバーしてしまうからです。

外壁も、レンガなどの仕上げ材は使いません。

また、設備についても最低限のものになります。

そのかわり、一般的な注文住宅より完成が早くなります。

「まだ若いけれど早く家を持ちたい」「家以外のことにお金をかけたい」「早くローンを完済してしまいたい」など、コスト重視の人に選ばれる価格帯です。

2000万円台は予算オーバーに注意

2000万円台の場合は、1000万円では実現できなかった、外壁の仕上げにタイルを使える、キッチンやバスルームの設備をグレードアップできる、バルコニーや窓を増やせるなどといった、「ちょっといい家」ができます。

その他にも最も安価なものではなく、部分的にではありますがこだわりのあるものを使用することも可能です。

全ての希望を叶えることは難しいかもしれませんが、優先順位の高い希望は実現できる可能性があります。

1000万円台に比べれば予算に余裕があるため「せっかくの注文住宅なのだから」と家づくりへの希望を次から次へと盛り込んで、予算をオーバーしてしまうことにご注意を。

3000万円台はおおむね希望通りの家

3000万円台の場合は、注文住宅における全国平均の相場となりますので、おおむね希望する一戸建てを建てられる予算です。

敷地が狭かったり、いびつな形をしている土地でも、正方形や長方形ではなく、敷地の形を有効活用して一戸建てを建てられます。

塀や柵を設置するなど、外からの見た目もある程度こだわることができます。

また、良質なフローリングを使用したり、場合に寄っては床暖房を入れることも。

希望の大半を実現するためには、3000万円以上かかると考えてください。

家に対して何を、どこを重視するかを考えることが必要にもなってくるので、どんなライフスタイルを望むのかを考えましょう。

4000万円台以上はこだわりきった家

4000万円台の場合は、予算に余裕のある価格帯になりますので、中庭のある口の字型やコの字型など、外壁の面積が多くなる一戸建ても可能。

室内の素材も、手間と日数が必要なためコストがかかる自然素材をふんだんに使えます。

玄関から廊下、LDKまで同じ素材のフローリングにして一体感を出したり、吹き抜けやウッドデッキ、高価格なシステムバスを設置することもできます。

家へのこだわりが強い人は、4000万円以上かかると考えた方が良さそうです。

まとめ

注文住宅は同じ価格帯でも「どこにお金をかけるか」によってプランが全く違ってきます。「内装は安価なものを選んだけど、そのかわりキッチンなどの設備にこだわってみた」という家があれば「内装、外装、設備、全て予算内で平均的なものを選んだ」という家もあります。

どこにお金をかけるかは、家を建てる人次第。

十分に話し合って、自分の理想の注文住宅を建てましょう。

関連記事

福岡注文住宅相場について 家を新しく買いたい方で、分譲住宅のできあがりではなく、自分の好みのプランで、好きなキッチンやインテリアにしたい!という方は注文住宅になりますが、やはり気になる一番のポイントがおカネになります。ここでは注文住宅のお[…]

IMG