注文住宅と建売住宅どっちがおすすめ?それぞれのメリット・デメリットを徹底分析!あなたにおすすめの住宅は?

注文住宅とは?

注文住宅とは、工務店やハウスメーカーに設計と工事を委託して、その土地にあった自由設計で自分の理想を目指して建てる住宅です。

文字通り注文をうけてから建てるため、契約の時点では購入する建物がないことが特徴です。一方の建売住宅は、土地とセットで販売されている完成している分譲住宅を指します。

建売住宅とは?

建売住宅とは、土地と建物を一体として販売をする住宅のこと。「分譲住宅」もほぼ同じ意味と考えて大丈夫です。建売住宅では広くまとまった土地をいくつかの区画に分けて、同じ仕様の住宅を複数建てることで、工事費用を抑えられるのが特徴です。

デザインも統一されていることが多く、設計費用も抑えられるため、消費者も安く土地と建物を購入することができます。

注文住宅のメリット

間取りを自由に決められる

注文住宅の最大のメリットは、建物の外観から間取り、内装までも自分たちで決められること。つまり自由設計です。土地探しからスタートする場合は、土地探しも含めて工務店はハウスメーカーと協力して進めることも出来るため、ゼロから自分たちで作り上げる事ができます。

理想的な住まいのイメージを持たれている方にはもってこい。具体的なイメージがなかったとしても、プロのサポートでしっかりと形にしていくことができます。

建売住宅では完成してしまっているものから選択して購入します。良い物件もありますが、なかなかその全てが気に入る住宅は見つかりにくいものです。納得のいくまで自由プランで設計してもらえる、土地も新規購入であれば時間をかけて探せる。これは建売住宅にはない注文住宅ならではの大きなメリットです。

自分の資金計画に合わせた設計が可能

注文住宅は、すべてを自由に選ぶことができるからこそ、自身の予算にあった建築会社や仕様を選択し、予算に合わせて設計をすすめることができます。建築費用は工務店やメーカー、間取りや仕様によってピンキリです。建築会社ごとで金額を比較する際には、契約の前タイミングに提示してもらえる概算の費用で比較するのがよいでしょう。ただし、

ここで注意していただきたいのは、そのタイミングの金額はあくまで「概算」となるので、予定通りの金額での契約後に、追加での要望により数百万円金額が上がり苦しくなる…ということもしばしば。後々の詳細な打ち合わせで多少金額が上がることも想定はしておいてください。

最新の設備や仕様を選択可能

注文住宅では、打ち合わせのタイミングで選ぶことができる最新の設備や仕様にできることも大きなメリットです。大きなメーカーでは数ヶ月ごとに新商品や新仕様がでてきます。新しい仕様や設備を取り入れて、周りの人と差をつけたい方にもおすすめです。

建売住宅は建てられたその時点では、流行に乗った新しい間取りや最新の仕様でも、なかなか買い手の付かないものは数年以上前に建てられているものもあるため、どんどん古い仕様になっていってしまいます。

新しいものを取り入れると、金額は建売住宅と比較すると高くなってしまいますが、こだわりたいポイントに、流行や最新技術をいち早く取り入れることができるのも注文住宅の強みです。

施工現場を自分で確認ができる

注文住宅は自身で考えた間取りが完成してから建築が始まるため、どのような業者や大工さんが工事を進めているか自身で確認をすることが出来ます。工場でのライン生産である一般製品と異なり、建築工事は職人さんによる現場作業となります。

そのため、職人さんによりムラが出来やすくなってしまいます。しかし、建売住宅では、完成しているものの購入となるため、どのような人がどのように工事をしているかまったく分かりません。

図面では分かりにくい内容も、注文住宅では現場でうち合わせをしながら進めることが出来るため、その都度確認をすることができます。

しっかりと、職人さんがどのように工事をしているか確認するためにも、建築地が現在のお住いから近い場合はこまめに工事現場に足を運ぶようにしましょう。

建売住宅のメリット

購入価格が抑えられる

建売住宅の一番のメリットは、注文住宅よりも費用を抑えられること。土地と建物を複数棟まとめて設計・施工管理をすることで、コストを下げることが可能となっています。あくまで目安ですが、通常の注文住宅よりも1~2割ほど安く購入することが可能です。1~2割といっても、住宅価格は数千万円になるため、数百万円のコストダウンにつながります。

購入金額が明確で購入後の計画が立てやすい

建売住宅の2つ目のメリットは、購入金額が明確で資金計画が立てやすいということです。

自由設計の住宅では、間取りや外構など基本的な仕様から打ち合わせをスタートします。そのため、契約時の建物金額はおおよその概算となり、仕様変更等で最終的な工事金額は予算よりオーバーすることもしばしば。

一方の建売住宅では、現状の仕様から変更を希望しない場合は、その販売価格から金額が上がることはありません。もちろん、気に入らない部分の追加工事には別途費用も掛かりますが、それも初期段階で明確にわかるため、購入からその先まで含めた資金計画が立てやすくなります。

完成したものが自分の目で確認できる

俗に“クレーム産業”とも呼ばれる建築業界。その要因のひとつとして挙げられるのが、大きな金額の買い物にも関わらず、購入する現物を実際に目で見て吟味することができないことです。長期間の打ち合わせを重ねても、完成後に「こんなイメージじゃなかった!」「こうなるなんて聞いてない!」などのトラブルは頻繁に起こります。

一方の建売住宅では、実際に購入する建物を自分の目で確認し、じっくりと時間をかけて検討することができます。仮に満足いかない部分があっても、別の物件を探せばいいだけなので、大きな問題につながることもありません。

注文住宅のデメリット

完成品を事前に見ることができない

注文住宅は施工現場を確認できるというメリットの反面、完成したものが契約時にはないということが一番のデメリットです。完成する前に確認するものは、普段見慣れない図面や資料のみ。

合計で何十枚にもなり、情報量がかなり多くなります。その打ち合わせ内容のすべてを理解して覚えおくことは困難です。そのため、完成した際に「思っていたイメージと違う!」「これは聞いていない!」ということが起こってしまう。

これが俗に“クレーム産業”といわれる所以です。しかし、工事現場の確認ができることがメリットであるため、建築工事が始まったらこまめに現場に顔を出して、その都度気になる部分を確認してください。

おかしな個所があったらすぐに担当に相談をして、訂正をしてもらう。このような進めかたをしていただければ、完成時に大きな問題になること事前に防げます。

期間がかかる

土地探しから始める方は、ゼロからのスタートとなるので、建物が完成して住み始めるまでが期間がかかってしまいます。目安としては、土地探してから契約、名義変更まで1〜2ヶ月、そこから建築工事がスタートして半年から一年。合計で一年前後はかかることが多いです。家族間で意見が合わないことでのストレスも多くなることもしばしば。かなり根気の必要となります。

自由度が高いからこそ、なかなか決められないという方は悩んでしまい長期的になってしまいがちです。早くマイホームに住みたいという方は、「いつまでに完成したい」というゴールを明確に決めて、そこから逆算して、担当の方とそれぞれのスケジュールのリミットを定めて行くのが良いでしょう。

建売住宅のデメリット

間取りや外観・仕様が決まってしまっている

完成したものが自分の目で確認できる、というメリットがある反面、間取りや外観等を自分たちで決めることができないことが一つのデメリットとなります。

しかし、建売住宅のプランはプロの設計により考えられており、実は流行を加味した人気のあるプランや洗練されたものであることも多いのです。特に、デザイン性に力を入れている住宅会社の建売住宅は、注文住宅にも引けを取らないおしゃれな外観や間取りとなっています。

また、建売住宅に採用されている設備機器は、一般的には標準グレードのものが設置されていることから「建売住宅は水回りが弱い」とも言われています。

そんな中で、主婦目線でのプランづくりをコンセプトとして、水回りの設備が優れた建売住宅を積極的に販売をしている住宅会社もあります。建売住宅を選ぶ際には自身のこだわりポイントを押さえておき、その部分が得意な住宅会社を見つけて重点的に見学を進める、これが重要なポイントです。

外構が狭いことがある

建売住宅は販売価格を下げるため、敷地の中にできるだけ多くの物件を建てられるよう計画をしています。そのため、駐車場や庭が少なくなってしまうことが多いです。

もちろん、十分な広さを確保している物件もあるので、「友人をたくさん招きたいから駐車場は広い方がいい」「駐車場よりも庭の広さがほしい!」といった自分のライフスタイルに合った建売を選ぶようにしましょう。

外構は後から変更することが難しいため、見学の際から意識してチェックをするようにすれば購入後に大きな問題とはならないでしょう。

建築現場がみられない

最も大きなデメリットとして挙げられることが、建築現場・過程を見ることができないということ。

建物が完成してしまっているが故に、どのような施工業者がどのように施工をしていたかが不明瞭となってしまいます。見学や購入の際にぜひしていただきたいことは、できるだけ多くの書類をもらうようにすること。

建物の「建築確認済証」や「検査済証」という図面書類はもちろん、「施工報告書」として工事中の写真付きの報告書を作成している会社もあります。ほかにも「長期優良住宅」や「品確法」などどいった性能を第三者が評価するための制度あるので、そのような制度をしているかどうかも確認をしておいた方がほうがよいです。

難しい内容の書類にはなりますが、できるだけ多くの書類を見せてもらえる物件のほうが、安心できる建物である証明にもなります。

注文住宅はこんな人におすすめ

土地を持っている人

建築可能な土地がある人は、まずは迷わずに注文住宅を検討しましょう。実家の建て替えをする方も同様です。土地探しをするための期間と費用を抑えることが出来るため、かなり負担が減ります。

空き地になっているような更地の土地に建築をしようとしている場合は、法律上建築ができない土地もあるので、役所での確認や建築会社の担当の方に調べてもらうのがよいです。建築が可能であるとわかった場合には、その土地にあわせたプランニングを進めていきましょう。

住み替えの予定がない

居住エリアが変わらないという方にも、注文住宅はおすすめです。最近の一般的な住宅は“60年以上持つ”とも言われているため、長い期間住むことできます。建売住宅も同じ住宅ではありますが、少し事情が異なります。

建売住宅では販売価格を抑えるために、土地の金額は下げることは難しいので建物金額を抑えています。その結果、建物の仕様や作りがどうしても安いものになってしまい、長期間住むのに適していない場合があります。

建売住宅を購入したとしても15年〜20年で注文住宅に建て替える、という方も少なくありません。勤務地や家族の都合での居住地の移動がない方であれば、しっかりと自身の満足のゆく注文住宅に長期間住むことをおすすめします。

こだわりがたくさんあり焦っていない

注文住宅のメリットは気のすむまでこだわることが出来ること。住まいに対してこだわりが強い方は、注文住宅一択でしょう。特に焦っていない場合はじっくりと納得のゆくまで、間取りや仕様を打ち合わせることができる。

これが注文住宅の強みです。時間をかけてうち合わせをする場合に、建築会社によってはかなり急かして打ち合わせを進めようとします。建築会社側からすれば「早く工事をして引き渡して、次のお客様に注力したい」という気持ちもあるかもしれませんが、そこで押されて急いではいけません。

家を建てるのはあなたですので、自身のペースで進めて下さい。こだわりがあるからこその注文住宅ですので、納得できるまで打ち合わせをしましょう。

建売住宅はこんな人におすすめ

建築可能な土地がない

ご自身や両親、親族に建築が可能な土地がある方であれば、迷うことなく注文住宅で検討をいただいて問題ないです。しかし、マイホームを検討されている方で建築ができる土地を持っていない方も多いかと思います。新しく土地探しをして、そこからその土地条件に合った設計をする、これはかなりの労力とストレスがかかります。

費用面でも、土地からの購入となると、土地と建物で別のローンを組むこととなるため、それぞれの頭金や手数料を二回払うことになります。建売であれば、土地探しをまとめてできるため、時間とストレスを削減することができ、頭金やローンの手数料も一回でまとめての処理が可能となるため費用面での無駄もなくすことができます。

できるだけ早く入居したい

建売住宅では契約から引き渡しまでが、各種名義の変更、クリーニングや細かな手直しのみで基本的には済むため、早ければ1ヵ月~2ヵ月で住み始めることが可能となります。注文住宅であれば、契約後に細かな打ち合わせがスタート。

土地購入も必要な場合は、土地の購入や名義変更で1ヵ月~2ヵ月、そこから工事が始まり、合計で1年以上かかる、という場合もあります。その期間にも引き続き現状の住まいの家賃も発生してしまうため、このような見えない部分の金額も建売住宅では抑えることもできます。

家賃支払いがもったいない、早くマイホームを購入して引っ越したいという方には本当におすすめです。

まとめ

注文住宅はゼロから自分たちで納得がゆくまで計画をすることが出来ることが強みです。スケジュールや費用面でも注意することが多いですが、完成した際の達成感は他では味わえないものとなります。

その点、建売住宅は予算を抑えることができ、資金計画も練りやすいのが特徴となります。注文住宅のように具体的なイメージがなくても、実際に自分の目で確かめて満足のするまで検討することが出来るのでどちらが自分に合っているかはじっくり考えることが大切です。

以上、注文住宅と建売住宅のメリット・デメリットの内容となります。これらの内容は地域や建築を依頼するメーカー・工務店などによって内容が異なりますので、詳細はお近くのメーカーまたは工務店にご相談ください。