福岡で注文住宅を建てるにはどれくらいの予算が必要?細かな費用も徹底解説!

注文住宅に必要な予算はどれくらい?細かな費用も徹底解説します。

注文住宅のメリットは、一から理想のマイホームを作れることです。ただ、予算の面を気にされる方も多いでしょう。一生に一度の大きな買い物になりますので、慎重になるのも当然です。

そこで、この記事では注文住宅にかかる費用と、必要な予算の目安について具体的にご説明します。

注文住宅の費用にはどんなものがある?

注文住宅の費用には、大きく分けて「土地代」「建築費用」「諸費用」の3つがあります。そこで、それぞれの費用について具体的に見ていきましょう。

土地代

基本的に、新しく住宅を建てるには土地が必要になります。また、土地代の費用は面積に比例します。住宅を建てるのに必要な面積の土地となると、2,000万円程度かかるケースも珍しくありません。ただし、地価についてはエリアごとに異なるため、もっと低い費用で済むケースもあります。

建築費用

建築費用は、注文住宅を建てるのに必要な費用を意味します。したがって、基礎工事をはじめとする多くの工事の費用が含まれます。

必要とされる建築費用については、どのような内装、設備を希望するかによって異なります。全体的にグレードの高い住宅を建てる場合はその分費用も高くなり、3,000万円台後半になるケースも多いです。その一方、シンプルな住宅でいい場合は、1,000万円台まで費用を抑えることも可能です。

諸費用

新たに注文住宅を建てる場合、いろいろと諸費用がかかります。具体的には、登記に必要な登録免許税や司法書士報酬などが挙げられます。諸費用というと軽視されがちですが、契約にかかる仲介手数料なども含めていくと大きな額になります。

諸費用の総額については、注文住宅を建てるのに必要な費用の10%程度とされていますので、ぜひ踏まえておきましょう。

また、住宅金融支援機構の調査によると、2018年度における注文住宅の費用の総額は、全国平均で3,395万円(※)でした。また、土地付注文住宅について4,113万円(※)となっています。したがって、必要とされる諸費用の目安は300万円台~400万円台となります。

※フラット35利用者調査(https://www.jhf.go.jp/about/research/loan_flat35.html)

注文住宅に必要な予算はどれくらい?

予算の計算方法について

基本的に、注文住宅における予算の計算方法は以下のようになります。

「年収×年収倍率+自己資金-諸費用」

年収倍率とは、住宅購入費が年収の何倍に当たるかを表す比率のことです。住宅金融支援機構の調査によると、2018年度における注文住宅の年収倍率は、全国平均で6.5倍(※)となっています。また、土地付き注文住宅の年収倍率は、全国平均で7.2倍(※)となっています。

※フラット35利用者調査

先ほどの計算式に基づいて、注文住宅の予算を計算してみましょう。ここでは、年収500万円、自己資金300万円、諸費用350万円で計算してみます。

・注文住宅の場合

500万円(年収)×6.5倍(年収倍率)+300万円(自己資金)-350万円(諸費用)

=3,200万円

・土地付注文住宅の場合

500万円(年収)×7.2倍(年収倍率)+300万円(自己資金)-350万円(諸費用)

=3,550万円

予算の目安としてはこのような形になりますので、ぜひ踏まえておきましょう。

毎月の生活費なども考慮しよう

注文住宅の予算を検討する場合、毎月の生活費も考慮に入れる必要があります。年収が高くとも、家族が多ければその分生活費がかかります。子育てに必要な費用なども加味しておかないと、将来的に住宅ローンの返済が難しくなるかもしれません。

そのため、できるだけ余裕を持った予算の組み方をしていきましょう。

注文住宅の予算をオーバーしたらどうする?

注文住宅の場合、一から建築プランを検討します。ただ、理想の住まいを目指してプランを検討していく中で、予算をオーバーするケースも多いです。では、実際にそうなった場合はどのように対応すればいいのでしょうか。

設備や資材を見直すのがおすすめ

設定した予算をオーバーした場合には、工事の内容を見直すことになります。基本的には、設備や資材の内容を見直すのがおすすめです。キッチンやお風呂などの設備や、壁・床の仕上げ材などを対象として、グレードを下げることを検討してみましょう。

ある程度の妥協によって、大幅なコストダウンにつなげることができます。

重要な部分にはしっかりコストをかけよう

工事内容の見直しによってコストを削減できますが、見直すべきでない部分もあります。たとえば窓サッシです。窓サッシは、住宅における気密性や断熱性という点で大きな役割を担っています。もしこの部分のグレードを極端に下げてしまうと、快適な生活を送ることが難しくなるかもしれません。

したがって、見直していい部分とそうでない部分をきちんと踏まえることが大切です。

まとめ

注文住宅では、何千万単位の予算を必要とします。そのため、年収や毎月の生活費、そして将来のことも考慮しつつ、慎重に購入を検討しましょう。ただ、予算を気にして住宅の質を大きく下げてしまうと、理想のマイホームにならない可能性があります。一から理想の住まいを作れるというのが注文住宅の良さであるため、過度に妥協すべきではないでしょう。快適に暮らせる住まいを実現することを第一に、プランを作成されてはいかがでしょうか。